スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 京都へ行って来ました。

2016-02-01





だいぶ前から予定はしていたのですが、そこにとうらぶのコラボイベントが重なりこれはもう行くしかないね!
という感じで行って参りました京都。
前日まで微妙な雨予報だったんですが、全く雨に降られず私の折りたたみはもはや御守りのようなものです。
持って行くとまず降らない。
去年福岡で降られたのが私の中では結構貴重な体験です。


では箇条書きツアーの様子はこちら。

30日
●朝7時過ぎの新幹線で9:30京都へ
●とりあえず荷物をロッカーにぶち込み地下鉄で北大路へ
●バスで信長公の祀られている建勳神社へ
●境内に現る宗三左文字
●顔ちっさうわーうわー言いながら眺めてお参り
●バスで北野白梅町へ向かいそのまま北野天満宮へ
●髭切兄者現る
●ご本体(刀)も見てきました
●嵐電北野白梅町駅でこんにちは堀川くん
●嵐電で帷子の辻へ
●↑読めなくて一苦労 かたびらのつじ
●とうらぶのコラボ列車見かけたのに写真取り損ねた
●太秦映画村で刀剣所作講座体験
●コラボメニュー食す
●村内をぐるっと回って駅へ戻る
●四条大宮まで行ってバスで京都駅に戻る
●今度は電車で藤森まで行き藤森神社へ
●光臨なされた鶴丸さんが麗しくて静かに騒ぐ
●しばらく(次の日まで)鶴丸ショックを引きずる
●↑症状 時折思い出し珍妙なため息をつく
●電車で伏見稲荷へ
●夕方だったので途中から真っ暗でしたが山頂まで行きました
●連れ2人の『夜目がきかない』発言に驚く
●なぜ登った、真っ暗になるって言っただろう
●夜目はきくので段差ー段差ーここから階段ーと謎の案内をしながら下山、この2人マジで見えてないのか
●京都駅まで戻り荷物を回収して三条大橋へ
●バス間違えてとりあえず次のバス停で降りる
●やっべーどうするかと思ってたら案外すんなり正しいバス停を見つけすぐにバスがくる
●行く先行く先の神社で旅の安全を祈願した甲斐がありました、ありがとうございます
●夜の三条大橋を渡り池田屋という名の居酒屋へ
●バス一本でホテルにたどり着けないのであきらめてタクシーてホテルへ
●JT○で新幹線+宿で予約したらなんだかとてもキレイなとこだった
●ホテルの方がタクシーの前ドア開けてくれる。ビジネスホテルとかではあたりまえだがまずない
●そもそもビジネスホテルにこんな広い車の乗り入れ口はない
●当然のようにボーイさんが荷物を持ちエレベーターのボタンに自分でさわることもなく部屋まで案内される
●当然のようにドアまで開けてくれる
●部屋はとてもキレイ
●ここを選んだ理由 堀川通りにあったから(酷)
●京都東急ホテルとても素敵なホテルです
駆け抜ける1日目ほとんどお土産買ってないことに後で気づく。


31日
●朝食バイキング当然ながらめちゃキレイ
●オムレツ焼いてくれるだけでなくトッピング選んで混ぜてくれる仕様うまし
●朝ご飯おいしい
●ホテルのシャトルバスで京都駅へ
●荷物をロッカーにぶち込みバスで京都国立博物館へ
●とうらぶコラボの音声ガイダンスを借りて館内へ。刀剣コーナー混み混み
●音声ガイダンス最高です
●豊国神社で骨喰藤四郎とご対面
●手描きの骨喰マンガ可愛くておみくじ購入
●中吉
●バスで粟田神社へ
●一期一振と秋田くん現る
●友人が膝から崩れかける
●小鍛治神社も行ってきた
●バスで京都駅まで戻り大阪へ
●大阪市立科学館で前野さんがプラネタリウムのナレーションしてるから聴きに行こうというもはや本当に弾丸ツアー
●公式サイトの空席がどんどん減っていくのをハラハラして見守りながら大阪へ
●駅から走る
●空席70切ってる(マックス300)
●結構滑り込みセーフでチケットゲット
●ご飯食べてる間に空席0
●映像キレイ過ぎて酔いかける
●前野氏いい声ですねありがとう
●京都に戻ってお土産買い夕ご飯買い新幹線へ

駆け抜ける2日間。
帰りながら昨日出立したとか嘘だろみたいな話してました。
いやー満喫しました。
今度行くときはもう少しゆっくりしよう。詰めすぎました。


いい加減メモっておきたいので書いておく。
今回見た刀剣男士の刀
髭切、膝丸、宗三左文字、秋田藤四郎、陸奥守吉行

去年一年で見た刀剣男士の刀
鳴狐、獅子王、骨喰藤四郎、蜻蛉切、和泉守兼定、三日月宗近、太郎太刀、江雪左文字、日本号、鯰尾藤四郎、物吉貞宗、後藤藤四郎、燭台切光忠、厚藤四郎

縁のあるもしくはありそうな刀
堀川国広、長義、村正、長曽根虎徹

あーこれ素敵って思った刀( )←見た場所
忠広(岡山・刀剣の里)
堀川国広(東京国立博物館)
長曽根虎徹(東京国立博物館)
三條宗近(徳川美術館)
菊御作(京都国立博物館)

これはすごいって思った刀
村正(徳川美術館)
スポンサーサイト

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekodamaya

Author:nekodamaya
ちまちましたモノ達に囲まれてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。